JCとの援交

彼女はメンヘラっぽかった。
援交希望の14歳。言うまでもなくJCだ。少し前から、僕が常駐しているSNSに姿を見せるようになった。
顔こそ出さないものの、無修正の画像をガンガン載せている。お小遣いくれる人には、もっと見せちゃいまーすとか言っているが、基本的にリクエストがあれば何でもやってくれる。排尿動画とかクリのドアップまで、いつ凍結させられてもおかしくないほどの写真ばかりだった。
確かに彼女は援助目的なのだろうけど、ここまでモロすぎると、逆にJCとの援交をしたい人は、腰が引けてしまうのではないだろうか。
人の好みは様々なれど、おそらく淫乱なJCなんて彼らは望んでいないと思うのだ。
そんな彼女と僕が実際に会うことになろうとは。
僕はJCとの援交をする気はさらさらなかった。ただ、あまりにもエスカレートしていくその子の振る舞いがやや鼻についてきたのは確かである。
心に病でも持っているのかな、と、余計なお世話だと思いつつも「それくらいにしておきなさいよ」てな感じでDMを送ってみたのだ。
すると、彼女の方から「会ってもらえませんか?」と言ってきたのだ。援交目的ではなくて、お茶しませんか?という感じで。
女の子から誘われて悪い気はしなかったのだけど、メンヘラ相手に後々面倒なことにならなければいいのだが、と不安を覚えつつも僕たちは会うことになった。
ホ別
初めて素顔を見る彼女は、丸顔でショートカットの素朴な印象だった。
ただ、僕はネット上で、その白いワンピースの奥に隠された彼女のケツの穴のしわまで見ている。
ネット上の印象とは裏腹に彼女は口数が少なくて、おどおどしているようだった。見ると、手首にはリストバンドをしている。
学校ではいじめられているそうだ。何度かリスカもしているらしい。
そんな中、彼女が唯一、自分の価値を感じているのが、例のSNS上なのだ。
前回以上のものを見せなければ、きっと私は、ここでも居場所を失くしてしまう、という焦りが行為をエスカレートさせていた。
実際に援交はしていないらしい。やはり、大人の男は怖いそうだ。自分から言っておいて申し訳ない気持ちが、過激な写真のアップにつながっているのだろう。
気の毒な話ではある。ただし、自分の存在価値は排尿動画だけだと割り切ってもいけない。きっと、相応しい場所は他にもあるはずだから。
こうして、僕たちは、お金もセックスもない交際を始めた。
僕たちが体を重ねたのは、すっかり彼女が落ち着いた大人になった数年後の事である。
ノンケとの出会い
フェラ抜き