カテゴリー別アーカイブ: 慢心

クリトリス責め

中学生の時から恋愛漫画にすごく好きでした。その時にはエッチにすごく興味がありました。高校の時はそのせいで少しエッチな漫画ばかり見ていました。そして、20歳の時には動画を見たりしました。その時にはクリトリス責めと言う言葉を知りました。すごく感じている女優さんの姿を見ると私もやってみたいと思ってしまいます。だけど、私は今まで彼氏が出来たことがありません。男の人と会話するのも苦手です。そのせいでクリトリス責めされたいと思っても実際は出来ませんでした。彼氏が出来ないなら出会い系を利用すればいいかなと思って私は初めて利用しました。
私が経験ないことを最初のプロフに記載したこともあってたくさんの人から友達になりたいと連絡がありました。その中で見た目がかっこいい人を選びました。
乳首開発
それから数週間後に相手の男性と会いましたが事前に写メを交換したけれど全くの別人がやって来ました。そして、すぐにホテルへ行こうと強引に誘って来ました。「たくさんイカせてあげるからね。」その言葉がさらに怖くなり、コンビニでトイレを借りたいと偽りその場を抜け出しました。そのせいで彼から毎日のようにメールが届きましたが見るのも嫌だったので無視をしました。もう出会い系でエッチしてくれる人を見つけようと言う考えをやめようと思いました。
それからは、また漫画と動画で欲求不満を解消していますが、今度はお見合いパーティーに行ってちゃんとした彼氏を見つけようと行動するようになりました。
乳首開発
乳首イキ

キスフレの作り方

「カラシやばくね?」
茄子の浅漬けを食べながらサトちゃんが言った。僕は茄子の浅漬けにはカラシをたっぷりつける派なのだ。だが、サトちゃんはそれが気に入らないらしい。
「甘いキッスとかいうイメージはないのかね、キミは」
サトちゃんは僕のキスフレである。特にキスフレの作り方を意識したわけではない。もともとは、大学在学中に家庭教師のアルバイトをやっていた時に知り合ったのが、当時中学生だったサトちゃんだ。僕たちの関係は、僕が大学を卒業して就職し、サトちゃんが高校に合格してからも続いている。積極的なサトちゃんは、今では僕の家に押しかけてくるようになった。一応、大学進学を目指しているらしく「塾行く金がないから」と、僕を個人教授に指名しているちゃっかり者だ。そして、それはどうも、親も公認らしくて、今日はお母さん手製の茄子の浅漬けをお土産に持たせてくれた。茄子の浅漬けで娘のために僕に無料で個人教授させるとは、この娘にしてこの親ありというべきか。
セフレの作り方
でも、僕は労せずしてキスフレの作り方に漕ぎつけたのだから、悪い気はしていない。中学生の頃からかわいかったサトちゃんだが、高校に入ってかわいさに女性の色気さえ纏わりついてきたようで、うっかり淫行も考えてしまいたくなるまでに成長してしまった。さすがに理性でそこは押さえているが、キスはしている。「タダで勉強見てもらって悪いから」と帰り際にサトちゃんがキスしてくれるのだ。唇を合わせるだけのお子ちゃまキスだが、かわいい子にキスされてうれしくないはずがない。僕はサトちゃんのことを教え子というよりも、キスフレだと思っている。それ以上のことはない。あるとしても、それはサトちゃんが大学に合格した後の話だ。
サトちゃんの言葉に、確かにお礼代わりのキスとは言えカラシ味はムードがないよなと「ごめん」と謝ろうしたときに、突然サトちゃんは僕の唇を奪ってきた。舌こそ入れてこなかったが結構強烈な押さえつけだった。そして、口を離したサトちゃんは自分の唇をなめながら言った。
「うん、意外とイケる。私も今度、カラシで食べてみよ」
サトちゃんの笑顔を見ながら、彼女が大学に合格する日まで、僕は個人教授という名のキスフレを続けるつもりだ。
チャットオナニー
テレフォンセックス

JKとの援交

夢に見たマイホームがローン地獄に襲われるとは思いもしませんでした。買った当初は返済出来ると、思い買ったマイホーム。しかし、子供が大きくなるにつれて、かかる収入も増えてしまいローン返済がキツくなりました。そのため、私は夜の仕事で働くようになりました。少しでも返済が出来るように。

朝は子供たちにご飯と、家の掃除に洗濯。昼は週3回バイトをして、夜も働く。家のローンのために働くこの人生に嫌気がさしました。そして、主人は土日を昼まで寝て過ごしてます。本当にストレスを感じます。

そんある日、夜の仕事でお客さんと同伴することになりました。店に行く前に寿司屋で食事。久しぶりの贅沢に嬉しく感じました。「ホテルとか一緒に行ってくれればお小遣いもっとあげるのにな。」「えぇ。本当に。どうしようかな。考えておくね。」JKとの援交ではないけれど、こんなおばさんを抱きたいというこの男性が少し不思議でした。
ホ別とTwitterで呟く写メとは別人のデブスにハメられ学んだタダマン

それから数日後。JKとの援交で捕まったニュースが流れました。主人は昼からお酒を飲みながら私に言いました。「お前がJKでもJKとの援交したいっていう男はいないだろうな。」バカにする主人。私はあのお客さんに連絡して、今度ホテルに行くことにしました。これが浮気とは思いません。これも小遣い稼ぎと思いました。

当日。久しぶりに履く勝負下着。私の体型にガッカリしてしまわないかと少し不安を感じている私。Hも久しぶりだし、男性を満足させることが出来るかなと少し不安に思いながら彼と会いました。
セフレ探し
出会いアプリ