キスフレの作り方

「カラシやばくね?」
茄子の浅漬けを食べながらサトちゃんが言った。僕は茄子の浅漬けにはカラシをたっぷりつける派なのだ。だが、サトちゃんはそれが気に入らないらしい。
「甘いキッスとかいうイメージはないのかね、キミは」
サトちゃんは僕のキスフレである。特にキスフレの作り方を意識したわけではない。もともとは、大学在学中に家庭教師のアルバイトをやっていた時に知り合ったのが、当時中学生だったサトちゃんだ。僕たちの関係は、僕が大学を卒業して就職し、サトちゃんが高校に合格してからも続いている。積極的なサトちゃんは、今では僕の家に押しかけてくるようになった。一応、大学進学を目指しているらしく「塾行く金がないから」と、僕を個人教授に指名しているちゃっかり者だ。そして、それはどうも、親も公認らしくて、今日はお母さん手製の茄子の浅漬けをお土産に持たせてくれた。茄子の浅漬けで娘のために僕に無料で個人教授させるとは、この娘にしてこの親ありというべきか。
セフレの作り方
でも、僕は労せずしてキスフレの作り方に漕ぎつけたのだから、悪い気はしていない。中学生の頃からかわいかったサトちゃんだが、高校に入ってかわいさに女性の色気さえ纏わりついてきたようで、うっかり淫行も考えてしまいたくなるまでに成長してしまった。さすがに理性でそこは押さえているが、キスはしている。「タダで勉強見てもらって悪いから」と帰り際にサトちゃんがキスしてくれるのだ。唇を合わせるだけのお子ちゃまキスだが、かわいい子にキスされてうれしくないはずがない。僕はサトちゃんのことを教え子というよりも、キスフレだと思っている。それ以上のことはない。あるとしても、それはサトちゃんが大学に合格した後の話だ。
サトちゃんの言葉に、確かにお礼代わりのキスとは言えカラシ味はムードがないよなと「ごめん」と謝ろうしたときに、突然サトちゃんは僕の唇を奪ってきた。舌こそ入れてこなかったが結構強烈な押さえつけだった。そして、口を離したサトちゃんは自分の唇をなめながら言った。
「うん、意外とイケる。私も今度、カラシで食べてみよ」
サトちゃんの笑顔を見ながら、彼女が大学に合格する日まで、僕は個人教授という名のキスフレを続けるつもりだ。
チャットオナニー
テレフォンセックス

お金の無償支援

別に組織的に動いているわけじゃないけど、困ってる女性の情報っていうのは、流通してるんですよ。お金の無償支援っていうと、100%女性は裏があるって思って警戒しますけどね。でも、背に腹は代えられない状態の人は、お話だけでもってことで乗ってくることが多いです。
お金をすぐにすけべなことに替えたいって人は無理ですけどね、100万くらいならいつでも好きにできる人は、お金の無償支援で女をがんじがらめにして、落としますよ。
家賃が10万の人が、その分を無償支援してもらったら、半年でそのお金がないと生きていけなくなりますよ。中には、無償支援してくれる別の人紹介してくださいなんてふざけたこと言う女性もいますけどね(笑)。もちろん、そういう人は一切相手にしないことにして、支援してる男性にも知らせて「事情ができてちょっと支援できなくなった」ってことにします。
本当にお金に困ったら
毎月家賃分とか、別の借金の返済分を振り込んでもらってた女性は、「どうすればいいでしょうか」ってたいてい泣きついてきます。そこで、「魚こころあれば水心でしょ。わたしからそれとなくいっておきましょうか」って促して、おんなになってもらう。
もちろん、もう振り込みはいりません、少しずつ返しますって人もいますよ。1パーセントか2パーセントですけどね。中には、風俗に働きに出て、返済してしまう人もいましたね。でも、別に取って食われるわけでもないから、月に何回か相手にすきにさせればそれでいいんですし、たいていはそっちを選びますよ。
わたしは、そういう紹介をして、男性からすこし謝礼をもらってるだけです。もちろん、本業じゃないですよ。気を付けなければいけないのは、妙な虫がついてないかどうかを確かめないとダメなことですね。男のことです。トラブルは避けたいですしね。

お金くれる人
困った時に助けてくれる人

お金くれるパパ

お金くれるパパの存在はありがたいんだけど、精神的に厳しい時があるのね。
もともと、私がまだ学生だった時に、そのお金くれるパパみたいな存在の人がいて、それ以来、ずっと付き合ってはいるんだけど・・・。
私的には、そろそろ年齢もあるけど、精神的にも、人生のパートナー、つまり結婚をしたいと考えてるのね。
一応、就職もしてるしさ。そのお金くれるパパの存在がなくても、なんとかやっていける計算。
だけど、私が自立したいみたいなことをほのめかすと、そのお金くれるパパってさ「ナナちゃんみたいな子はお金ないと無理だよ」って。
つまり、お金くれるパパの存在なしに私は生きていけないよって言われる。
ちゃんとできるつもりだし、やってみたいとは思うんだけど・・・。
パトロン
「結婚したいって言っても、最近の男は甲斐性ないから、行き詰るの目に見えてるでしょ?」なんて言い含められると、そうなのかなって思えてくるし。
十代の後半から、そのお金くれるパパからサポート受けてるからさ、私も洗脳されちゃってるところがあるかもしれないね。
自分の収入レベル以上の生活してるの、自覚してるしさ。
化粧品でも持ち物でも、住むところも・・・自分の収入だけじゃ維持できないものばかり。
それを全部切り離して、自分の収入だけでやろうと思ったら、家賃安いところに引っ越して、化粧品なんかの消耗品のグレード落として・・・手入れのめんどくさい服や小物、場所を取るものなんかは、全部処分して・・・。
そう考えると、お金くれるパパのいう通りって気がするの。
パパ活アプリ
お金くれる彼氏

アプリで知り合ったセフレ

まさか、こんなことが起こるとは思ってもいませんでした。アプリで知り合ったセフレが私の婚約者になるとは。

私は今まで自由に生活をしていました。少し裕福な家庭で育っていることもあり、欲しいものは親に買ってもらったり、仕事も親のコネで働かせてもらったり何も不自由なく育ってもうすぐ28年になります。そして、彼氏も私のお金目当てで途切れることはありませんでした。しかし、彼氏がいてもお金目的ではない人と知り合ってみたい、友達になってみたいというところから出会い系を利用しました。すると、1人の人と仲良くなりました。しかし、彼氏が一応いたので身体の関係にはならないようにしようと思っていました。だからその人と会う時は、買い物に付き合ってくれたり、カラオケに行ったりと友達関係でした。その人と遊ぶ時は一度もお金を出したことがありませんでした。
セックスの事ばかりで頭がいっぱい
私にしてみれば新鮮な感じでした。だけど、飲みに行った時に酒の勢いで身体の関係になってしまいました。後悔より、次は気をつけようという気持ちでした。友達からアプリで知り合ったセフレになってしまったけれど、それでも仲のいい関係が続いていました。

しかし、親がセフレと歩く姿を見たしまい、そのセフレを彼氏だと思ってしまいました。「早く結婚しなさい。」「その人は友人。」と、言っても私がすごく楽しそうに過ごしていた姿を見て信用してくれませんでした。セフレは「お前と一緒にいるのは嫌じゃない。」と、言って私は彼氏と別れアプリで知り合ったセフレと婚約してしまいました。

その後は、あっという間はに結婚をしてしまい親は「早く孫を見せてね。」と、言われ私達は毎晩子作りに頑張るようになりました。これで良かったのかなと今では思っています。

LINE掲示板アプリ
彼氏欲しい

プチ援

昔プチ援してた時に、割といろんなブランドものをプレゼントされたことがあるのね。
で、そういうものって捨てるに捨てられないし、使いどころもないし・・・
だけど、最近、その昔取った杵柄みたいな?プチ援の副産物が役に立ってる。
ほら、簡単にネット手売れるじゃん。
ブランドものなら、最新のじゃなくても、状態が良ければ高値が付くし。
今は、プチ援するほど若くないんだけど、昔プチ援してた時の物品を売って、小銭を稼いでいるよ。
援交女とかが、ブランドものに目がないのがなぜかやっと分かったよね。
ああいうのって、いざという時には売れるからなんだよ!
場所取るし、使わないし、困ったものをもらっちゃったなとその時は思っていたけど・・・
今となっては宝の種だよねー。
プチ援交
自分は使わないけど、いずれ換金できるものとして、ブランドものって役立つんだよ。
不動産とは違うけど、似たようなもんだよね。
いや、プチ援してた時にもらっちゃった某ブランドのバックがこの間10万くらいになってさ。
いやもう、思ってたより高値で売れて、なんかうれしいよね。
時間差でプレゼントもらったような感覚。
誰からもらったのか、もう忘れちゃったけど・・・プチ援の相手なのは確か。
私、付き合う彼って貧乏な人が多かったもん。彼氏からのプレゼントではないのは確か。
自分でこういうの買うわけないし。
その時「こんなの、いらねー」って思ってても、捨てないで取っておくといいよ。
いずれ売れるから。
まぁ、高級ブランド限定の話だけどね。
車内フェラ
フェラ抜き

JCとの援交

彼女はメンヘラっぽかった。
援交希望の14歳。言うまでもなくJCだ。少し前から、僕が常駐しているSNSに姿を見せるようになった。
顔こそ出さないものの、無修正の画像をガンガン載せている。お小遣いくれる人には、もっと見せちゃいまーすとか言っているが、基本的にリクエストがあれば何でもやってくれる。排尿動画とかクリのドアップまで、いつ凍結させられてもおかしくないほどの写真ばかりだった。
確かに彼女は援助目的なのだろうけど、ここまでモロすぎると、逆にJCとの援交をしたい人は、腰が引けてしまうのではないだろうか。
人の好みは様々なれど、おそらく淫乱なJCなんて彼らは望んでいないと思うのだ。
そんな彼女と僕が実際に会うことになろうとは。
僕はJCとの援交をする気はさらさらなかった。ただ、あまりにもエスカレートしていくその子の振る舞いがやや鼻についてきたのは確かである。
心に病でも持っているのかな、と、余計なお世話だと思いつつも「それくらいにしておきなさいよ」てな感じでDMを送ってみたのだ。
すると、彼女の方から「会ってもらえませんか?」と言ってきたのだ。援交目的ではなくて、お茶しませんか?という感じで。
女の子から誘われて悪い気はしなかったのだけど、メンヘラ相手に後々面倒なことにならなければいいのだが、と不安を覚えつつも僕たちは会うことになった。
ホ別
初めて素顔を見る彼女は、丸顔でショートカットの素朴な印象だった。
ただ、僕はネット上で、その白いワンピースの奥に隠された彼女のケツの穴のしわまで見ている。
ネット上の印象とは裏腹に彼女は口数が少なくて、おどおどしているようだった。見ると、手首にはリストバンドをしている。
学校ではいじめられているそうだ。何度かリスカもしているらしい。
そんな中、彼女が唯一、自分の価値を感じているのが、例のSNS上なのだ。
前回以上のものを見せなければ、きっと私は、ここでも居場所を失くしてしまう、という焦りが行為をエスカレートさせていた。
実際に援交はしていないらしい。やはり、大人の男は怖いそうだ。自分から言っておいて申し訳ない気持ちが、過激な写真のアップにつながっているのだろう。
気の毒な話ではある。ただし、自分の存在価値は排尿動画だけだと割り切ってもいけない。きっと、相応しい場所は他にもあるはずだから。
こうして、僕たちは、お金もセックスもない交際を始めた。
僕たちが体を重ねたのは、すっかり彼女が落ち着いた大人になった数年後の事である。
ノンケとの出会い
フェラ抜き

セフレ掲示板

彼氏が欲しくて、セフレ掲示板に書き込みしてたんですけど、やっぱりセフレ掲示板だと既婚者が多いね。
彼氏が欲しいんだけど、普通の恋活用のサイトだと、勘違いした男が多くて、やめたんだよ。
ああいう普通の出会い系って、ロマンティックな男、多いでしょ?
めんどくさい系が多いって言うか。
私、そういうロマンティックな男、無理だもん。
昔いたんだよね、二度目に付き合った彼なんだけど、おしゃれなカフェレストランでいきなりひざまづいて指輪渡されて「結婚してください」って言われた・・・。
それで、店の人もなんか事前に頼まれてたみたいで、電気消されて、お祝いムードになってて・・・。
その場では断れない雰囲気を強制的に作られちゃって。
デリヘル業者
「一生幸せにします!」とか宣言されたけど・・・その場ではまぁなんとなく流して、後でちゃんと断ったら、めそめそ泣いちゃってさ。
あの場で断られなかっただけでも感謝しろよと思った。
ああいう茶番に付き合わされるのってすごく迷惑だし、めんどくさい。
そういう性格だから、セフレ掲示板の方が気の合う男が多いんじゃないかと思ったんだけどねー。
こうも既婚者が多いと、拍子抜けしちゃう。
昔から、花より団子なところはあったの。花より実を取るというか。
現実的なんだよね。
セフレ掲示板も、そういう現実主義、合理性からくるんだと思う。
セックスが好きというより、セックスに至るまでのめんどくさい過程が嫌だから、セフレ掲示板って発想だもん。
神待ち掲示板
セフレの作り方

ホ別いちご

ホ別いちごとかG基盤なんて言葉が飛び交っていて、まるで出会い系の掲示板は暗号のようだ。
おっさんの若い頃はポケベルなんてものがあって、数字しか受け取れない機能上、全てのメッセージは数字だった。
999=サンキュー、0909=ワクワクみたいな。
単なる語呂合わせではあるのだけど、使っている人にしかわからない、という優越感もあったように思う。
今は日本語環境も整っていて、自分の意志や希望を伝えるのに暗号めいたものを使う必要はない。しかし、ケースは違えど、そんなポケベルの優越感みたいなものもあるように思う。言葉の意味が分からない相手はお断り、みたいなハードルだ。
用語解説のサイトを手繰って、暗号を解読していく。ホ別いちごは、ホテル代別15000円と言う事か、なるほどである。
割り切り掲示板で、割り切った出会いを求めるための意識共有はしたい。買う方のマナーだろうし、僕も優越感は持ちたい。
ワリキリ
一つ一つの言葉を調べて行って、ようやく全解読に成功する。誰が始めたかはわからないが、よくもまあ、こんなちょっとユニークな略語を思いつくものだ。
そして、上手くコンタクトを取ることができて、ホ別いちごの女の子と会うに至った。
現れたのは、まだちょっと初々しさが残るかわいい系の女の子だった。この子と今日はホ別いちごか、と思うと0909する。
「ホ別いちごだよね?」と、僕は彼女に条件を確認する。
すると、彼女は「この人は何を言っているんだろう?」と言った感じできょとんとしている。
使い方を間違っていたかな?と不安になっていると、やがて、彼女は「あーあーあーあー」と納得したように言った。
「15000で。ホテル代は別ね。いいですか?」
略してないじゃん!
いつも、ネット上に打っている文言も、発音すると意味が分からなくなるそうだ。
これはもう、物心ついたときからメール文化があって、コミュニケーションをテキストで取る世代ならでは、と言ったところだろう。
そんな彼女に、僕は999と答えた。
お金が欲しい
お金くれる彼氏

愛人募集

僕には付き合っている女性がいて、彼女とはいつか結婚も視野に入れています。ですが彼女は多くても月に2回ほどしか、セックスをさせてくれません。正直僕はそれでは物足りないのですが、それ以上は彼女に拒まれるので愛人募集をすることにしました。出会い系を使って愛人募集をしましたが、20代前半の女性が連絡をくれました。その女性と何度かメールでやり取りをしましたが、彼女が希望する月々のお小遣い額が高すぎたので、残念ながらお断りさせていただきました。

その後何度か愛人募集をしましたが、理想の女性には巡り合えず困っていたところ、最初に連絡をくれた20代前半の女性から再度愛人になりたいとメールがありました。お小遣いの額も僕の提示する金額で問題ないというので、早速会ってみることにしました。待ち合わせ場所に訪れた彼女は、長身のモデル体型。顔は決して美人とは言えませんが、メイクがよく映える顔立ちです。人前でデートをするのはリスクがありますから、すぐにホテルに直行しました。
牝豚

まずはセックスをしてみて、今後のことを考えようということになって、会って1時間ですぐにベッドインさせてくれる彼女。なかなかの愛人体質ではありませんか。僕の希望通りにセックスしますというので、とりあえずフェラをしてもらうことに。丹念に僕のチンチンをしゃぶりながら、時折いやらしい音を響かせます。今まで数多くの男のチンチンをしゃぶってきたのか、結構な舌使いで僕も満足。その後彼女を裸にしクンニしましたが、感度がいいのかすぐに潮吹きしました。喘ぎ声が大きいのがちょっと気にはなりましたが、セックスするには問題のない女性です。それからは愛人として週に数回抱かせてもらっています。
LINE友達
テレセ

セフレの作り方

別に狙ってセフレの作り方を実践してるわけじゃないの。
なんだけど、どうしてか私、セフレばっかりできちゃうんだよね。
よく男性から誘われるの、つまり、セフレ候補として。
そういう雰囲気があるみたいで、ちゃんとお付き合いしたいって男性から誘われた試しがない。
誘ってくる男、ほとんどセフレ関係を目論んでるからね。
もう過去を振り返れば、セフレの作り方のエキスパートと呼ばれても文句言えないかも・笑
確かに、そのセフレの作り方がなんとなく上手だったから、美味しい思いもしたよ?
お金くれる男性もいたし、旅行とかプレゼントとかも色々もらったしね。
セフレ 作り方
男からしたら、私は「大事に守ってあげたい」タイプじゃなくて、「一緒に冒険したい」相手みたい。
不二子ちゃんタイプっていうか、「いい相棒」と見なされてしまうというか。
なんて言い方次第だけどね。
セフレの作り方ってさ、やっぱりお互い何かしらの尊重できる部分がないと続かないじゃない?
相手を軽く見ているような相手とじゃ長続きってしないし、人間として尊敬できる部分がないと、セフレとしては続かないんだよ。
私、別に結婚したくないわけじゃないの。
だけど、男は私を見て思うみたい。「結婚に向かない女」って。
それでセフレ程度の関係が私に一番ふさわしいと思ってしまうみたいだね。
自分が好きでセフレの作り方が上手くなったわけじゃないの。
ただ、男が勝手に私をそう思ってしまうの、男が「セフレ作り方の上手い私」を作りあげて来たんだと思うよ。
パパ募集アプリ
謝礼交際